ノーマター・マター

亀梨和也クンを溺愛して止まない‥この歳でも好きになってもいいよね? 夢ぐらい見させていいじゃないノーマター?!そんなひとりごとなど・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画『バンクー場の朝日』亀ちゃん出演決定


サンスポ
映画com.
シネマトゥデイ

上記からの抜粋


俳優の妻夫木聡が、戦前のカナダに実在した
日系人野球チームを題材にした
映画『バンクーバーの朝日』(12月公開予定)
主演することが明らかになった。
共演には亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮といった
野球経験者がそろっており、吹き替えなしの野球シーンにも
挑戦するという。
ほかの共演には佐藤浩市など。
監督は『舟を編む』などの石井裕也が務める。

「Going!Sports&News」でスポーツキャスターを務め、
多くの現役プロ野球選手と対戦した経験を持つ亀梨も負けていない。
「野球のお話ということで僕自身、野球の経験はありますが、
その時代の方達の野球のスタイルというものを一から学び、考え、
日本人としてこの歴史をしっかりと胸に刻み、撮影に挑みたいと思います。
妻夫木さんをはじめ、共演者の方たちと最高の、そして最強のチーム朝日を
作っていきたいと思います」とコメントを寄せた。


フジテレビの稲葉直人プロデューサーは、6年越しの企画実現に
興奮を隠し切れない様子だ。「僕にとっても、石井監督にとってもチャレンジ。
ベストセラーの原作を旬のキャストで映画化することに懸念を抱いていた。
映画館でしか見られない世界を提示し、面白くも胸に残る作品を作らなければ。
こういう企画を映画化して一流のキャスト、スタッフで当てることが
使命感だと思って取り組んでいきたい」。

稲葉プロデューサーからのラブコールを快諾した石井監督も、
「夢も希望も持てない、一条の光すら見えない逆境の中で、
それでも何とか立ち上がろうとした若者たちの姿を描きたいと
思っています」と並々ならぬ意欲。
大阪芸術大学の先輩である若き名キャメラマン・近藤龍人、
脚本の奥寺佐渡子、美術の原田満生らとともに、
万難を排して2月18日から撮入した。
撮影は栃木・足利に広大なロケセットを組み、当時の野球場や
日本人街を再現。バンクーバーでの撮影を経て、
4月下旬にクランクアップ予定だ。


こちらには4/20クランクアップ予定と
かいていた!

なお撮影は、2月18日にクランクイン、4月20 日にクランクアップを予定。2014年8月に完成 を予定している。(モデルプレス)
モデルプレス

HPにもキャストのコメントがUPされています。
映画『バンクーバーの朝日』公式HP



バンクーバー朝日軍
1914年~41年にカナダ・バンクーバーで活動した
日系カナダ移民二世を中心とした野球チーム。
地元のアマチュアリーグに参加し、盗塁や犠打、
ヒットエンドランを駆使したスモールベースボールで
カナダ人野球チームを打ち破った。
41年の太平洋戦争に伴い、解散したが、2003年に
カナダの移民社会、野球文化への功績が認められ、
最高の名誉であるカナダ野球殿堂入り。
今年はチーム創設から100年となる。

スポンサーサイト

| 亀梨和也 | 15:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT